ブログ

2016/04/20 熊本・大分地震にお見舞い

熊本、大分の両県で相次いでいる地震…震源域が両県3地域となっており依然として活発な地震活動が続いている。被災された皆様に心からお見舞いを申し上げます。

自分の経験上(平成16年10月23日発生した中越大震災)、余震に怯え不安な夜を過ごす被災者の気持ちは痛いほどわかります。初期の物資が必要なところに届かない?届いても一家族おにぎり1個!?ということも12年前に経験しました。

当時、災害本部から近いところから順に物資を配布したことにより4キロ離れた避難所に食料などが届いたのは48時間をとっくに回っていた。ことを思い出した。

混乱が生じているからこそ早めに物資の供給を図って欲しい。

4日も経てばお風呂に入りたいし、入れば綺麗な下着にも着替えた…

落ち着くまでにはもう暫くかかりそうだが一日も早い復興を願うところです。

 

Facebook Share Button ツイートボタン

2016/03/24 ご無沙汰を詫びながら

随分ご無沙汰しております。皆さんお変わりなくお過ごしのことと思います。

今日は地元小学校の卒業式に参加してきました。この時期体育館の屋根から滑り落ちた雪が高く堆積し両側を雪で覆い、まさに冷蔵庫状態で卒業式を行ってきていたのだが、今年は1月25日からの全国ニュースになる程の雪による国道・高速道路の大渋滞が発生し自然災害の猛威を知らされ、その対応に追われたのだが・・・その後の寒暖を繰り返しながら今では小中学校の校庭には雪がありません。ホント珍しい。

さて、3月議会も来週の月曜日で終わります。今議会も今一盛り上がりに欠けるのはどうしてなのか?「本会議も委員会も3月議会にしては低調だね」いうのも理事者側の某部長の弁・・・総合計画は最終日の28日に追加提案される。新しい年度まで3日の時点で議会に上程し議決を得ることになりそうだ。(条例で議決要件を課したのは長岡市議会である。)なのに議論が低調であるから不思議・・・?長岡市の最上位計画ですぞ!10年前には議員協議会を開催し、その後も委員協議会を開催し常任委員会ごとに議論を交わしたものだったが、今年は議員協議会1回行って会派回りで意見聴取した形だ。4常任委員会で横断的な議論が必要と思うのは私だけか。

良くも悪くも”こだわり”を持って対処したいと思う気持ちに変わりはない。何年経っても昔を紐解くには議事録に残っているか否かである。ある方が言っていた急激な社会情勢の変化に立脚した社会政策、行政企画がその時その時に応じた経過が必要であるがそんな中でいわゆる力を持つのが理念に基づく予算配分である。真円度の予算執行にあたっては当初の目的を果たすべく計画的な執行を願って止まない。

今年は桜の開花が早まりそうである。花見の季節到来である。4年に一度花見を楽しめないでいるわが家族は今年はゆっくり楽しんでもらいたいものだ。

えーっ!誰だ!花より団子?っていているのは・・・当たっているかも!?

今日はこの辺で

Facebook Share Button ツイートボタン

2016/02/24 「あおし」OB会発足しました

正確にはもう少し前になるのだろう…栖吉小学校野球部が「あおし」名乗り始めたのは…学校にも資料が残ってないしスポーツ協会(体育協会)に記録が残っている最も古い記録が、平成年当時のチーム登録が残っていたがチーム責任者名が学校教諭の名前で届け出ている。私自身が関わり始めたのが平成7年頃と記憶しているので…

正確にはいつなのか調べてみたけどよくわからない。

当時の野球少年の記憶を辿って確かなのは「あおし」を名乗ったのは昭和43年だという、悠久山球場が出来たのをきっかけにユニフォームだけは地元の小学校に着くたっと思われる。

少年達は毎日のように公園野球で暗くなるまでやっている。ある日、試合をしてみようと仲間をかき集めた。学校にあった胸にSuyoshiの文字が入った真新しい白のユニフォーム上下と黒のストッキング…これだけは学校にあったんだという。前述出の野球少年は周りから情報を得て、白い野球帽に赤いAの文字を入れた帽子を揃え、試合をする時は白い靴下を履かなければならないことも知り、家にある白い靴下を履いた上に黒のストッキングを…試合当日「あおし」の子供達の足元にはバラの花を形どったものやキラキラ飾りがあるものが…(笑)それもそのはず当時男の子が履く靴下といえば黒かグレー、水色などであり、白い靴下は女性が履くものと決まっていたという。したがって試合用の白い靴下を履いてきた栖吉の子は女性ものの靴下を履いてきたことになる。当時のことを最も恥ずかしかったことと話す少年は今もその話になると顔が赤らむ。

話を戻しますがあちらこちらに尋ねてみたがいつからかは結局分からなかった。ならば古株の自分が遠い記憶を辿ってみて平成7年から数えて今年で20年の節目であり社会問題化する少子化と野球人口の減少は歯止めがきかない状況である。

20年経った今一堂に会してOB会を作ろうと話が持ち上がり、出来ました!あおし野球クラブOB会今後の活動にご期待!

 

Facebook Share Button ツイートボタン